« 雪ですか? | Main | ロールキャベツ »

2014.03.03

むかわれ

140303
おととい、父のむかわれでした。方言かどうかよく知らないけれど、一周忌法要を「むかわれ」と言います。
この一年で一度だけ夢に出てきてくれました。

居間で小物入れの引き出しをガチャガチャやって何か探している様子の父。「あら?お父ちゃん。向こうはどんなん?」「こっちには時間の概念がないけん、のんびりしとるんや」「そうなんや。ほんで、あの・・あの・・・」と言っているうちに透明になってしまいました。


亡くなった人は白い衣装で夢に現れることが多いと聞いたことがあるけれど、父は白いパンツいっちょでした(笑)

« 雪ですか? | Main | ロールキャベツ »

Comments

もう一年経ったんですね。早いなぁ。
魂とか霊とかあるんかどうか知らんけど、こっちには
思い出としてずっと心の中にいるのは確かですね。

KAZさぁ~ん!
柞原の「花時計」が解体されとった。
さみしーーー。
あれ、父の設計だったん。

少し前に壊されてましたね。
自分がかかわった建物がなくなったり壊されたりするのは寂しいです。
でもそれが商業建築の定めなのかもしれません。

一方、残っていても使われてなかったりするのも寂しいもんです。
以前、設計した2世帯住宅ではじ-ちゃんがお金出して1Fに住み、
息子さん家族が2,3Fに住む予定だったんだけど、建て替えを機に
仮住まいを別居してしまったために、息子さん夫婦は住宅が完成
しても帰ってくることはありませんでした。

向こうは、とこ夏なんですね〜

■KAZさん
うう・・。じーちゃんの気持ち。うう・・・。

花時計とローソンが無くなると、目印がなくて
実家に帰るのにうっかり通り過ぎちゃいそうです。


■トトロ先生
日焼けしてなかったのでとこ春くらいでしょうか。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13289/59232438

Listed below are links to weblogs that reference むかわれ:

« 雪ですか? | Main | ロールキャベツ »