« 火・寒いからこそ泳ぐ | Main | 木・太ももでキックを決めろ »

2005.12.07

水・キックは刺激的

プール日記として記録するために、いつもは練習メニューを覚えて帰るのですが、今日はややこしいのでコーチが書いたものをもらって帰りました。濡らしたビート板にこの紙を貼り付けて各コースのプールサイドに置いてあります。
swim051207
1.スイム 50m×6 100秒サイクル (各種目12.5mずつの個メ)
2.ビート板キックfly 50m×4 105秒サイクル
3.ビート板キックfr 25m×6 70秒サイクル 往:hard 復:easy
4.歩行 50m
5.スイム (クロール50m hard+チョイス25m easy)×6セット
6.平泳ぎのスタート練習
7.歩行 50m

ビート板キックfr3本はタイムをとりました。30秒以内を目標にと言われ、27秒で「やった」と思ったら「もっと強く、速く」
クロール50mも6本タイムをとりました。45秒から49秒台。「もっともっとキックを!」
足をめいっぱい動かしても疲れるわりにはスピードが出ない気がします。2ビートで伸びをとって泳ぐほうが効率がいいのでは・・・。その思いをNコーチに伝えてみました。どちらがいいかは人それぞれなのでレースの時には自分の得意な泳ぎ方でよい、と。ただ、太ももの大きい筋肉を使って負荷を与えることで心肺を強くできるので、今日のようメニューは、『トレーニング』ととらえて下さい、と。
心にも体にも刺激的ないい練習ができたと思います。

50.1kg 19.8%

« 火・寒いからこそ泳ぐ | Main | 木・太ももでキックを決めろ »

Comments

>太ももの大きい筋肉を使って負荷を与えることで心肺を強くできる

これ覚えとこ。

うん。覚えといて。
んで、私が忘れたら「モンクたれてないで練習しろー」ってまた教えてね(笑)

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13289/7516342

Listed below are links to weblogs that reference 水・キックは刺激的:

« 火・寒いからこそ泳ぐ | Main | 木・太ももでキックを決めろ »