« 火・理科室の骨格標本 | Main | 木・「回る」イメージでターン »

2005.10.26

水・個メのタッチターン

背泳ぎから平泳ぎへのターンを集中的に練習。

このターンには2タイプあります。
【1】片手が壁についたら、体を横向きにして飛び出す方向に頭を倒すもの。
【2】片手が壁についたら、へそが上を向いたままコマのように回って方向転換するもの。

背泳ぎを覚えたてのころは【2】のターンをしていましたが、ビジュアル的にはどうしても【1】をマスターしたいものです。上手くやれば速いし。
ポイントは頭。重い頭を進行方向へクッと振り出すことで足が壁に寄ってきます。気持ちは「クッ」なんですけどね。実際には「のよーん」と頭が移動しているようです。

49.5kg 19.2%

« 火・理科室の骨格標本 | Main | 木・「回る」イメージでターン »

Comments

はじめまして
ボクも数年前まで水泳選手やってたんでちょっと気になって来ちゃいました。
特に速いわけでもない代わりに、どの種目もそこそこ出来たんで個メやってました。
まぁ本当に得意なのは・・・・スタートとターン(笑)
最近は時々しか泳がないんでロングはちょっと・・・ってかんじです。

ブレのターンもそうですが、体が横を向いてないとうまく回らないので、
タッチの瞬間は、Baのロールを多めにして体を少し横にするとうまく出来ます。
水面に対して垂直までだったら大会でも失格になったりしないと思います。
っていうか、失格になった事ありませんよ
足の引き付け方でも変わると思います。
まぁ細かい事は見てみないとわかんないし、説明しづらいんで
こんなもんで勘弁してください
 
たまには泳ぎたいなぁ~。もうたくさんは泳げないけど。。。

おっちさん、コメントありがとうございます。

「ロールを多めにして」?
「ロールを多めにして」??
「ロールを多めにして」!!!
3回読んでピンときました(笑)
こんな調子だからおばちゃんスイマーにコーチする方もたいへんだと思います。

タッチしてから、よっこらしょっと横に向けていましたが、ローリングしつつタッチすると自然に横に向けるんですね。今すぐ泳いで試してみたい気分です。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13289/6628322

Listed below are links to weblogs that reference 水・個メのタッチターン:

« 火・理科室の骨格標本 | Main | 木・「回る」イメージでターン »