« 木・親指の付け根と天井 | Main | 火・理科室の骨格標本 »

2005.10.21

金・ドルフィンキック

いつも3時過ぎまで誰か彼かちゃぷちゃぷやっているので、遅れたけれど行っちゃえ!と練習が終わる2時半頃にプールに入りました。
Nさんに水中ドルフィンを見てもらったら「腕が上下している、頭で漕いでいる」とのこと。肩から上は動かさずに、胸から下だけでうねるのだそうです。「ドルフィンキック」というより「ボディードルフィン」ですね。肩から手の先までをプールの底に水平に保ってうねうねすると、おもしろいほど進みます。その体の使い方を覚えているうちにバタフライをやってみると、目線がずっと水面です。潜って休む時間がないので疲れますが、前だけを見てぐんぐん進む感じはとても気持ちいいものでした。

49.2kg 18.6%

« 木・親指の付け根と天井 | Main | 火・理科室の骨格標本 »

Comments

なるほど~「ボディドルフィン」。以前は膝から下をばしゃばしゃ動かしていましたが、最近は腰の少し上から動かすようになってきました。どうやらもっと胴体ごとうねらせるものなのですね。

水中でやるのは難しいですね。なんとかダンス(?)のように陸上で立ってならうねうね出来るのですが、場所を選んで練習しないと怪しすぎます(笑)

コメントありがとうございます。

質問があります。
あのぉ 「ボディードルフィン」の時、腕は頭のほうへ伸ばすんですか?
私は、「気をつけ」の姿勢でやるほうが、ウネウネしやすいんですけど、どんなもんでしょう...

手や頭で漕いでしまっているかどうかが、手の動きで確認できるので、手は前にのばしてやっています。こっちが好きというだけで、どっちがいいのかわからないけど・・・。泳ぐ時は手は前だったり後ろだったり横だったりするのだから、手がどこにあっても、上手にウネウネできないとダメですよね。
・・・と言いながら、パソコンの前でもウネウネしています。陸上じゃ意味ない?(笑)
今からプールです。いろいろ試して、また報告に伺いますね。

ご丁寧にありがとうございます。
やのすけ日記のコメントを見ました。「いかに滑らかにウネウネするか」なんですね。

どんな状態でも、ウネウネできるようにやって見ます。
ありがとう。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13289/6501357

Listed below are links to weblogs that reference 金・ドルフィンキック:

» トド 水が恋しい [やのすけ日記]
 もう、2週間は泳いでない。 風邪引いたのと、山へ引きずられたのと。 忘れたかもしれない、息継ぎの仕方。バタフライのウネウネはダメかもしれない。 こういう時は、イメージトレーニングにしよう。「イィ〜チ ニ、イィ〜チ ニ」  人気ブログランキングの登録を見....... [Read More]

« 木・親指の付け根と天井 | Main | 火・理科室の骨格標本 »