« おめでとうございます | Main | ふたつのブログ »

2007.01.06

左と右

S子と週に一回通う親子硬筆教室。
今日はオマケで
≪左≫と≪右≫の書き順を教わりました。
一見同じに見える横画と左払い。
これはそれぞれ、左手と右手を表しています。
0701061_1
赤色で示した「掌(てのひら)の部分を最初に書く」と覚えます。
≪左≫は横画が第一画、
≪右≫は左払いが第一画。
0701062
小学校の時「右と左は書き順が違います」と教えてくれたけど
こんなふうに説明してもらったのは始めてでした。

じゃ、中身の≪エ≫と≪ロ≫は何を意味するんだろう?

« おめでとうございます | Main | ふたつのブログ »

Comments

左の腕の付け根には…心臓
左心室と右心室に分かれてる。

右の腕の付け根には…んーっと…胃袋か

か、かなり無理がある??

ホントは直感的に違うこと考えた。ここには書かないっと。

みんなとおんなじ事だから。(笑)

右手には口(神にささげることば)
左手には台(そのことばをのせるもの)
・・らしいです。

何考えとんな(笑)

小学校(低学年)で、漢字を従来のような分類(画数の簡単さ)ではなく、形=なりたちから教えるという試みがされているとテレビ番組で紹介されていました。

たとえば、家族というくくりで、父、母、姉、兄、祖母、祖父などを、なりたちを考えながら同時におぼえるという教え方です。

漢字は形に意味がある…楽しい学び方だと思います、、


エとロの意味は、わからなかった、、、
http://www003.upp.so-net.ne.jp/itomoko/kodomo/te/page043.htm

 

え~、書き順が違うことすら知らなかった…
わたし、恥ずかしいっっ!

私、左聞きですが祖母の厳しい指導で
右で筆と箸は、使います。
両方から書けと言われれば書けないわ。

親子で硬筆教室に行ってるんだね。
いいなあ。
楽しそう?( ̄∀ ̄*)イヒッ

■さぬきのトトロさん
絵としてイメージして覚えるというのは、とても有効らしいですね。
覚える、思い出すという能力がだんだん衰えるこのごろ(笑)
この方法はいただきです。

■ROOちゃん
書き順や送り仮名は小学生に指摘され放題です。
≪左≫の払いは腕だけど
≪右≫の払いは掌だから、短いんだって。
PC画面では同じなんだけどなー。

■うららちゃん
最近は周囲も寛大になったけれど、
私たちが子どものころは・・特に女の子は!ってよく言われたよね。
S子も左利き。
毛筆だけは苦労しているみたい。

詞を三宝に乗せて神に捧げる…ってピンとこんなぁ(-_-;
誓いの言葉かぁ?お、そんなん結婚式の神事で読まされたぞ。
なんちゃになっとらんけど(笑)やろ?

なに考えとんな!って2525さんと同じことやって(笑)

下村式というのだそうです
http://www.n-shimomura.com/

著書も面白そうですよ。

■KAZさん
あれは自分で書いた文章でないので、
神様にはなかったことにしていただこう。
なっなっ。
私は、最後の一行の名前しか読んでないし。

■トトロ先生
漢字ファミリーとは面白い。
小学生の子を持つ親として覗いてみたけれど
大人もはまりそうですね。

そやそや。リハーサルもないのにいきなり、『これ嫁』…神主さんに嫁を紹介してどーする…もとい、『これ読め』言われてな。
ふりがなも振っとるしぃ。ぽーっとしとる間に済んだがな。

へぇ~。
振り仮名あったんですか。
見てもないし、覚えてもない(笑)
思い出そうにも、もう写真もないし
さっぱりしたこっちゃ。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 左と右:

« おめでとうございます | Main | ふたつのブログ »